今年のGWは

お久しぶりです。
1月の更新以来、お馴染み(?)の放置プレーですね^^;

さて、今日でGWも終わりですが、皆さんは連休を満喫されましたか?
自分は最長の10日組みでしたが、特にどこにも出かけることもなく、ほぼヒキコモリでした。
例年だとGWは嬉しい物なのですが、今年はどうもそんな気になれなくて・・・。

画像

カメラもすっかりお休み状態です。。。

と言いますのも、場合によっては  職を失う  かも知れなかったので・・・。

GW前まで「退職勧奨」、俗に言う「肩たたき」をされていました。

事の始まりは2月のある日。
勤務先から、「早期退職の募集」を行うとと発表がされたのです。
対象年齢は35歳以上、募集は185名。 当然自分も応募対象です。

ここ数年、日本経済の落ち込みにより、企業の収益が悪化し、電機業界を中心に希望退職や早期退職による人員整理が行われていると、新聞やニュースでも頻繁に目にしますが、我が社も例外ではなかったようです。
確かに状況は思わしくなかったので危惧しておりましたが、まさか現実になろうとは。

Q:退職勧奨とは-Wikipedia

労基法の改正により「解雇」が難しくなった現在、最近は「辞めさせ方」が巧妙になり、その後の待遇や評価などの悪化をちらつかせながら、遠回しに退職を迫るのです。
更に退職を拒否した社員に対し、執拗に面談を繰りかえしたり、施策終了後に行われる「報復措置的」な扱いが、「退職の強要」に当たるのではないか? と訴訟にまで発展する事例が有り、社会的問題にもなっているのです。

試しに「退職強要 追い出し部屋」で検索してみてください。ゴロゴロヒットしますよ!!

Q:退職強要とは - Wikipedia

画像


自分の場合、計5回、30分~90分の面談があり、繰り返し「今後職場の提供が出来ない」との退職勧奨を受けました。
最初は意志の確認と、会社側からの判定(※下記参照)を伝えられただけなので30分でしたが、その後は全て60分以上。

※ 一人でも入れる労働組合:新世紀ユニオン  記事より引用

 ある大企業の、リストラ支援コンサルタント会社が協力した希望退職のマニュアルの要約は———、

絶対に辞めろと言わない。「解雇」「クビ」と言う言葉は使わない。
A・残留者、B・本人選択、C・退職候補者のリストラ・リストを作成する。
リストCの社員にはしつこく退職させる。そのための「想定質疑応答」を作っている。その内容は——「社内ではあなたの能力を活用できなくなっている」「あなたの仕事はありません」「社外転出した方があなたを行かす道」「経験を外で生かしたらどうか」とあくまで「本人のため」を装い退職を迫る。
「将来は今回のような優遇制度はない」と思わせる。
「辞めません」と答えると「どこの職場に変わるかわからない」「仕事はしんどくなるし、悩みもふえる。やれるのか?」「賃金も減少する」「あなたのキャリアを生かせない仕事を会社としては作り出す結果につながる可能性が高く、あなたにとっても最良の選択にはならない」と本人の不安をかき立て恫喝であきらめる方向に追い込んでいく。


自分の場合は年齢的、立場的に間違いなく「C・退職候補者」なので、かなりキツイ事を言われ続けました。

画像


今回は加算金+再就職支援も有るので、魅力的でしたが、自分の年齢や近隣の雇用情勢を見ても再就職はかなり難しいでしょう。再就職出来たとしても非正規採用。収入も半分以下は確実ですし、そこまでのリスクを背負ってまで辞めるだけのメリットもない。
面談の回を重ねるごとに心が揺れて、折れそうになりましたが、とりあえず、最後まで「辞めない」と言い続けることに決定。
そんな訳で覚悟を決め、最後の面談は記入済みの応募用紙を携えて臨みました。

もう最後かも知れませんからヤケクソです(笑)
相変わらず同じ事の繰り返しでしたが、完全に頭に来たので面談者に会社のこと、経営陣のこと、将来のこと、辞めたら今回のことを洗いざらいネットへ拡散すること(脅迫爆)など、これでもか! ってくらい言ってやりましたよ。

それでも態度を変えなかったら、帰り際に応募用紙を机上に「バシィッ!」と叩きつけて来るつもりだったのですが、「検討をお願いします」と、一言だけ言われて面談終了になってしまったので、何となく残留?となってしまった模様。。。(´・ω・`)

画像


そしてGW前に募集締め切りとなった訳ですが、結果、我が職場から4人離脱(T.T)
旧職場でも元同僚も含め多くの仲間が離脱したようです。

でも、それ以上に悲しかったのは、同期2人の離脱。
2人とも出来れば辞めたくないと心情を語っていたので、面談期間中に何度も会合を開き「応募締め切り日のギリギリまで粘ろう! それでもダメならみんなで辞めよう!」と約束していたのですが・・・。
面談者からの口撃に耐えきれなかったようです。(>_<)ヽ

最終的に185人の募集に対して、プラス39名、なんと!計224名が応募した(させられた)と言うことでした。

会社の将来に危機を感じ、自発的に応募した社員も多いそうですが、今まで必死に会社のために頑張ってきた社員を、陰湿な手口で退職に追い込み、平然としている社長、役員に憤りを覚えました。

親会社から天下りして子会社を乗っ取り、そして業績悪化すれば他のグループ企業へ天下り。
人件費削減は中国に生産移管して国内を空洞化させ、余った社員を退職強要するだけの無能な経営陣など会社を建て直せる訳がない!

今回、幸か不幸か自分は居残りすることになってしまいましたが、おそらくこれだけの人員が会社を去るので、事業の縮小はもちろん、残った人達で生産を維持していかなければならないので、残る社員も大変でしょう。
自分の様に残る事になった退職候補者も、今後どのような扱いがされるのか不安ですが、今出来ることをやるだけです。
それでもダメなら、その時に決断すれば良いだけです。

画像


応募用紙を提出した社員に対し、「長い間お疲れ様でした」などの感謝の言葉も無く、満面の笑みを浮かべて「有り難う」などと宣う役員が平然と居座るブラック企業など、この先長くは続かないですよ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • RAG

    生きておられましたか!っーか叩かれとったんか(汗)
    と書く私は3年前に既に経験済みでつ(爆)詳細は此処
    には書けませんが、また裏の方でお話出来る機会もある
    かもしれませんね(謎笑)

    色々思う所はあるでしょうしブログやってる場合でも無
    いかと思われますが脅迫しちゃう辺りにD氏らしさも感じ
    られたので大丈夫なのかな?と(笑)

    GW遊びまくっていてメンゴ(爆)
    2013年05月06日 22:11
  • DeepSky

    いや半分死んどります。。。( _ _)ノ
    辞めて欲しいカスが残ったので経営陣は根に持っているでしょうね。
    なので、今後どういう人事案を出してくるか心配です。ま、法に触れる様な事はしてこないでしょうけど、大手就職情報会社のRが絡んでたり、企業サイドの社労士など、ブラック士業が法の抜け道を指導してるので厄介です。

    お察しの通り、まだまだ暴露したい事実が沢山あるのですが、下手に動いて勤務先の耳に入ったりしたらマズイので、そのうちボチボチと暴露しようと思います。
    いやいや、面談の度に脅迫されてたので引き分けだと思うお!

    2013年05月06日 23:42
  • ながみ@GF8C&TT2N

    ど久しぶりです…(滝汗)

    なんか、時期がすんげーデジャブですが(汁)
    ワタシもリストラ食らったのがちょうど同じような時期でしたから。
    当座のヤマはクリアできた…というコトでしょうか…。とはいえ、先行きの不安さは付きまとうでしょうから貯蓄を優先するとか考えないといけないのでしょうね…。

    >親会社から天下りして子会社を乗っ取り、そして業績悪化すれば他のグループ企業へ天下り。

    ウチが今懸念してるのはコレかも…(汁)
    契約社員(契約書には「長期アルバイト」って書かれてましたけど(爆))として辛うじて職が見つかったのは良いけれど、業績悪化してるらしいからなぁ…。
    組織がデカくなってくると、どうしても意思伝達の風通しが悪くなったりとかノイズが入っても気付かれにくかったり、なんてのもあるんだろうなぁ…とか思ったりしますね…。極論ですが現場力を最大限活用するためにはどうすべきか、を考えるのが経営陣の最優先の仕事だと思うんですけどね。

    マズは何をおいても自分の「ココロとカラダ」を維持できるよう願っております。何をするにしても身体が資本ですし…その時々のモアベターよ!(謎)を目指すしかない…のでしょうねぇ。
    2013年05月10日 23:00
  • DeepSky

    ながみさん。サボり癖が直りません(汗)

    >時期
    3月、9月の決算期前後が関係してるんですかね?
    結局その後も、なんだかんだと揉めまして、汚い手口が明らかになって心が離れてしまいました。
    心機一転、頑張らねば! と言いたいところですが、しばらくリフレッシュしたいです。。。

    >天下り
    結局社長や役員の雇用は守られ、辛い目に遭うのは社員だけなんですよね。
    どんなに頑張っても、現場を知らないアホは表面的な部分だけしか見ないですし、リストラが究極のコストダウンと信じて疑わない連中には、現場より数値の方が大切なんでしょうね。

    経営判断を誤り多大な損失を出しておきながら、長年苦労してきた社員をあっさり斬り捨て、自分はその後の役員人事で外部の非常勤になったりしてますし、労せず雇用は守られる人達というのは責任の取り方を学んでこなかったようですね。
    いずれにせよ、これだけえげつないことやったんだから、世間からのバッシングは必至でしょうなあ。

    しかし自分よりずっと若いながみさんでさえ契約社員扱いですから、自分など契約どころか、パートか臨時が関の山でしょうね。(鬱)

    何をするにしても身体が資本・・・そうですね。ここ数ヶ月は身体と言いますか、精神的に相当ヤラレました。。。 今でも夜中に目が覚めてしまいますし、キツイですわ~。(涙)

    2013年06月01日 23:26
  • ヤン

    どこも一緒ですね、それを言い出すと今の日本の企業はすべてがブラック企業で役員以外は全員非正規雇用に依存し新たな技術の創出など必要なくただただ今までの財産を食いつぶしていくだけの先の無い展望。
    本当に今現在年金を貰おうかと言う世代がうらやましい限り、もともと仕事に生きがいや頑張って上に上がってやる!なんて思うほうではないにしろ下がりに下がる士気をどうしましょうか?ってところですね。
    2013年06月16日 10:12
  • DeepSky

    ヤンさん。
    そう、仰るとおりなんですよ。日本を代表する大企業でさえブラック化してますし、そう言った企業が「辞めさせ方」をマニュアル化してるもんで、能力のある正社員が育たない環境になりつつありますね。かつては世界から羨望のまなざしで見られていた高い技術力も、今やどんどん後発国から追いつかれてますし、目先のコストばかり追い続けているうちに技術の継承は途切れ海外に流出、競争力も低下。日本の産業ももう終わりかも?
     と思いたくもなりますね。
    そもそも欧米型の能力主義を取り入れた事が社員の格差、士気の低下を招く結果に至ったと言う事に気づいていない(気づいてもやめない)経営陣が企業をダメにしている。と思う今日この頃です。
    2013年06月16日 14:13

この記事へのトラックバック