後退注意

時既に遅し・・・と言う感がありますが、今更ながら「バックセンサー」を取り付けました。

画像

バックする時は気を付けているつもりなのですが、バンパーを凹ました事が何度か(汗)
一応バックモニター用のカメラも装着しているのですが、逆光で障害物が確認しにくかったり、死角に隠れていた事に気付かずにボコッ!とやってしまうんですよね。
おかげで大きな凹み跡とキズが2箇所、その他細かいキズ多数・・・(汁)

以前から「バックセンサー」と併用してれば、この様な目に遭う事はかなり防げていたのに・・・と思い、検討していたのですが、純正だと6万ぐらいするのでとても手が出ません。

そこで似たようなタイプの後付けタイプが無いか探したら、某オクで良く出品されているので、これを購入するつもりでいたのですが、取り付けは純正と同じくバンパーに穴を開け、そこにセンサーを取り付けなければならず、位置決めや穴あけ作業が面倒臭そう!^^;
そんな感じでずっと先送りしていたのですが、ようやく取り付けました。

購入したのはTo FIT(ツーフィット)のアシストバックセンサー
画像

内容物はこれだけ。
通常、バックセンサーはバンパーにセンサーが埋め込まれるため、20mm程度の穴明けが必要です。
純正オプションの場合は取り付け位置などが予め決められているので、取り付け作業も比較的簡単なのですが、市販されている汎用品は適切な位置を決定し、バンパーに穴明けをしなければなりません。

私のように既にボッコリやってしまったバンパーならいざ知らず、新車やボディの一部として大切に維持されている方にとっては、バンパーに穴を開けるなどという行為はかなり勇気が要りますね。
しかも、バンパーに丸い物体が2~4個顔を覗かすので、ビジュアル的に・・・(汗)

その点、このアシストバックセンサーは画像を見て頂ければお分かりのとおり、バンパーに埋め込むセンサーが有りません。
バンパーの内側にアルミテープを貼り付け、これをアンテナとして利用するため、穴開けが不要、バンパーさえ取り外せれば、施工も簡単にできます。
しかもセンサーが露出しないため美観を損ねないのが良いですね!

まずはバンパーを取り外し、アルミテープを貼り付けるために一応洗浄。
しっかり乾燥した後、バンパーのもっとも出っ張った位置にアルミテープを貼り付けしっかりと圧着。
画像

コーナー部もカバーするために、サイドまで回り込ませて貼り付けました。
アルミテープの先端に平型端子が付いているのですが、振動でちぎれてしまいそうで怖いので、10cmほどの延長コードを作って接合部を配線押さえでしっかり固定。更にその上から防水と補強を兼ねて幅広のアルミテープで覆っておきました。

画像

本体はカーゴルームの内装とボディパネルの隙間に固定し、バックランプの配線と接続。
最近の車はデッドスペースが無くて苦労しますな(´・ω・`)
内装を戻したら、やたら当たりまくって何度もやり直しましたよ。(ーー;)

画像
センサーのリードは換気ダクトに5mm程度の穴を開けて引き出し、防水のために、シリコン系接着剤で穴とリード線の隙間をふさいでおきました。

あとはバンパーを戻してからセンサーのリードを接続して終わり。
バンパーを取り外すときのことを考えてリード線を長めに引き出しておいたので、換気ダクトに余ったリード線を束ねておけるように配線止めを設置する用意周到な自分(爆)

警告音用のスピーカーは、ピラー内部に設置しました。
画像

しかし、音量が意外と小さく、聞き取りにくい時があるので、後日移設検討中(汗)

取り付け作業終了後、早速テスト。
2mぐらい前進させてからセレクトレバーをRに入れると富士のデジタルカメラのような「ポプパピ!」と言う起動音がするのが何とも(爆)
そして少しずつ後退させていくと1mぐらいから「ピッ ピッ・・・」と警告音が鳴り始め、50cmを切った辺りから「ピピピピピーーーー」と言う警告音に変化し障害物に接近した事が分かります。

「こんなアルミテープ一本でセンサーになるのか?」と半信半疑でしたが、取り付けてから一週間ぐらい使ってみた感想は

「十分使える!(・∀・)」

もちろん、誤判定が全く無い訳ではありませんが、知らずにぶつけるよりは良いので・・・。
テープの貼り付け方やバンパーの形状、金属部分の有無などの影響で、感度や検出力に差が出るのかも知れませんが、とりあえず入り組んだ場所や雑草の生い茂った駐車場(^_^;)など、特殊な場合を除き、一般的な駐車場であれば、問題無いでしょう。

また、Rに入れてすぐ後退すると、いきなり「ピーーー」と鳴る(誤検出?)ことが起きやすいようなので、Rに入れて一呼吸してから後退するようにすると、良いみたいですね。
ま、後方の安全を確認せずに後退する事はありませんが、切り返し時などはこう言った現象が起きやすいので、ちょっとうざったく感じる点です。

純正品のような距離表示や警告ランプなどの装備もなく、警告音のみと言うシンプルな構成ですが、美観を損ねないし、施工も簡単というのが良いですね。

画像


さて・・・

これでバンパーのキズも減るかな? (-ωー)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

  • アンテナ

    遅レスで失礼します。
    同等品の購入を考えています。
    当方は軽自動車ですが、予定のものは、長さが2m20cm。
    実際には1m50cmぐらいあればいいのですが、カットしても
    よいのでしょうか。
    ・センサー自体がテープになっていて貼り付けるのですか。
    よろしければ教えてください。
    2017年05月21日 14:48
  • Deepsky

    コメント有り難うございます。
    アンテナはいわゆるアルミの粘着テープです。電波を使用しているため、貼り付ける部分は近くに金属部が無い場所を選んでください。もし近くに金属部分が有ったら、なるべく離して設置すると影響を抑えられます。
    アンテナ用のアルミテープは汎用性を高めるため少々長めになっているので、車両に合わせてカットしても大丈夫です。
    車両入れ替えや施工ミスした場合など、アンテナ用アルミテープが必要な場合は補修用のテープだけを販売していただけるようです。
    なお、サイドまで回り込ませ過ぎると誤検出が多いようなのでほどほどの長さで貼り付けてください。
    取り付け頑張ってくださいね。( ^o^)ノ
    2017年06月07日 23:17

この記事へのトラックバック