茶色(誤)復活!

「おはようございます! ブラウンです。」

画像


男性の皆さんなら、一度は耳にした事のあるフレーズでしょう。

そうです。ご存知、ドイツのシェーバーメーカー、「ブラウン」のコマーシャルです。
10数年前に流れていたCMですが、懐かしいですね。


で、まんまとCMに乗せられて買ったのがこれ。
画像

今でも愛用している「ブラウン」のシェーバー「フレックスインテグラル3 ユニバーサルCC BS5504」です。

実はブラウンのシェーバーは2台目で、その前は「フレックスコントロール ユニバーサルDX BS5586D」を使ってました。
このモデルは、かれこれ7年ぐらい使ってましたかね~?
北海道ツーリングに携えていった際、道中の銭湯でヒゲを剃っていたら、誤って手を滑らせ洗面台に落下、見事に玉砕しました。(汗)
落下した高さは30cm程度でしたが、出かける前から至る所が破損していたので、あっさりとトドメを・・・^^;

そして帰還後、速攻で購入したのが現在のモデル・・・と言う訳です。
発売は1995年。当時発売されたばかりの最新機種だったので、今年で・・・・・ 14年目です。^^;

画像

スライドスイッチのシリコンゴムがもげた事と、替え刃と充電池の交換を除いては、故障と言えるトラブルもなく、今でも毎日お世話になっております。

ところが、最近内蔵されている充電池が寿命を迎えたようで、充電終了直後でもパワーが無く、数日で再び充電しなければならなくなってしまいました。
既にサポート期間が終了してから何年も経過したモデルなので、充電池の交換とは言え、受け付けてもらえないでしょうね。
大体部品があるか、どうかも分かりませんし、受付を拒否される可能性も十分有ります・・・。
しかも、前に一度交換してもらったら、8000円近く取られた記憶が・・・。

修理に出しても対応してもらえるか、分からない・・・?

ならば!

と言う訳で、この際自分で交換してみる事にしました。


【注意】
本作業は推奨しません。
端子の加熱によりシール破損等の危険があるため、タブ付き電池を使用してください。
現在、管理人はタブ付け専用スポット溶接機を使用しています。


まず最初に用意するのは充電池。
このモデルは古い機種なので、充電池は単3サイズのニッカド(Ni-Cd)を使ってます。
しかし、今やニッケル水素(Ni-MH)全盛で、ニッカドなど置いてありません。
電話の子機用なら有るかも? と思い、探してみましたがやはりありません。

ニッケル水素は充電の制御がニッカドとは異なるので、流用は不可能・・・。

困ったなー。(´_`)

とりあえず何か流用出来そうな物はないか、ホームセンターに行ってみたら

・・・

画像

こう言う用途向けに販売されていたとは・・・。 これは気が付きませんでした・・・。
C国製なので、製品クォリティに不安がありますが、今やニッケル水素でさえ作っていますから、それなりに大丈夫ではないかと・・・。
強引に納得して速攻で購入。(爆) 

部品も揃ったので、早速分解・・・。
実は前回充電池を交換した時も、分解に挑戦したのですが、どうやって分解するのか全く分からず、結局メーカーに交換の依頼をしたのです。
ところが、数ヶ月前に使用していたら、何かがポロッと落ちたので、本体を確認したら、
画像
こんなところに隠しネジが・・・(汁)

そうと分かれば話は早い。
画像
いきなり基板摘出!
若草色の棒状の物が充電池です。基板にはタブという金属板が溶接されていて、そのタブを介してハンダ付けで固定されています。
今回はこのタブを再利用するので、スポット溶接を丁寧に剥がし、充電池だけを取り出しました。

そこに購入した充電池をはめ込み、タブをハンダ付けします。
長時間ハンダゴテを当てていると、容器のシールが変形し、液漏れを起こすので、ハンダ付けは手早く行わなければなりません。
画像
この辺は長年培ったノウハウを駆使すれば楽勝! (^_^)v

基板を戻し、分解と逆の手順で組み立てて
画像


作業終了。

前日の夜に充電台にセットして8時間程度充電。
翌朝確認すると・・・
画像
無事満充電されてました。

では、スイッチON!!

お~~、スゲー!! パワーが全然違う!!

気持ちいいほどガンガン剃れます。
398円でここまで復活すると、凄く得した気分になりますね。(^^;;;


数日経った現在でもパワーの低下は僅かなので、一応成功と言う事かな?
あとは充電スパンがどのくらいか? 充電池のライフタイムがどれくらいか? ですが、ダメになったらまた交換すればいいことですし、最悪新型に買い換えれば良いだけのこと・・・14年も使っているのですから、十分元は取っているハズ(笑) 

今や替え刃より安い価格で、本体が売られていますが、まだ使えるのに買い換えるのは勿体ない! 
最新機種に買い換えるだけがエコじゃないのです。


【追記】
長年活躍してくれた老兵も、2017年夏、機構部破損によりお役御免となりました。
23年間、今までありがとう。お疲れ様でした。。。
リサイクルされ、新たな生命として生まれ変わってくれることを願います。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 竜虎

    おみごと
    しかし、
    リチウム電池ほどではないにしろ、
    ひとつ間違うと火災とかとんでもないことに
    繋がりかねないので、
    気をつけてくださいね。
    2009年11月22日 12:32
  • RAG

    何でも直しちゃいますね(驚)しかも最後
    はエコで締める辺りがD様らしいですねぇ。
    私の髭はシェーバーでは歯が立たないので
    基本バリカンで揃えています(汗)古い物
    ですが愛用している物でもあるので壊れた
    際にはD様に連絡しますね(爆)ヨロシク!
    2009年11月22日 17:33
  • DeepSky

    竜虎さん。
    この位は序の口ですよ。
    以前の職場ではこう言った作業を頻繁に行っていたので、難易度はさほど高くないのですが、仰るとおり充電池は発熱、液漏れなどと言った危険性があるので、過信や慣れは禁物ですね。

    RAGさん。
    この位はいつもやっているレベルなので。エコは環境面ではなくて、自分のフトコロ具合だったりして(汗)
    バリカン!!(核爆)
    アナタはヤマアラシですかw
    壊れた時の修理依頼の件は了解致しました。
    その時は代わりにガーデントリマーを送りますのでお使い下さいませ!(爆)
    2009年11月23日 00:50
  • 7thくん

    ボクもCMに乗せられたクチです。
    初めて買ったのはブラウン。
    替え刃も何度かしました。
    が、社会人にらる際に『男はウェット』という妙な拘りからウェット派に。
    でも昨年からラムダッシュになりました。
    剃り味はウェットがいいんですが肌が意外に弱くって・・・
    2009年11月23日 14:09
  • ZATHAN

    こんばんわ!
    すごい!自分で直しちゃうんですね!
    でも、それ以上に14年ものがさらにすごい!
    自分はRAGさんほどじゃないと思いますが
    髭が硬く肌も弱いので何回も買い換えて
    ます。。。今のところ、らむだっしゅで
    落ち着いてますが、また替え刃がダメに。。。
    自分もバリカンかな?(笑)
    2009年11月23日 22:02
  • DeepSky

    7thさん。
    あの頃はCMに乗せられた方は結構多いみたいですね。
    私の周りにも「茶色派」が結構多かったですし(笑)
    >ウェット
    しばらくしてライバルメーカーが洗えるタイプで対抗してきたんですよね。私も予備機は乾電池式の洗えるタイプですが、結局面倒でドライで使ってる事が多かったり・・・(汗)
    肌が弱い方にはフィリップスが良いですよ。
    ただ、往復刃に比べ、剃るのに時間がかかるんですよね。。。
    ただ、あの滑らかなタッチはクセになるかも?


    ZATHANさん。
    分解出来ればこの位はなんとか・・・^^;
    そろそろ買い換えようかな~? と思いつつ、まだ使えるからいっか~ と使い続け、気が付けば14年でした(汗)
    最近はラムダッシュ派が多いんですかね?
    私も髭が硬い方なので、何が良いか迷っていたところ、ブラウンは硬い髭に強いと聞き、購入しました。
    たしかに良く剃れるし、比較的刃も強いのですが、振動と音が大きくて・・・。
    肌への負担と剃り味は相反する問題なので難しいですね。
    >バリカン
    電気カンナという手も(コラ
    2009年11月24日 00:23
  • ひかり

    こんばんわ
    ご自分で直してしまうとこがスゴイ!!
    大事に愛着持って使い続ける気持ちが、
    素晴らしいです。なんでもエコを理由に
    買い替えるのよりずっとエコですよね。
    物大事にする気持ち大切ですね。
    2009年11月27日 20:00
  • DeepSky

    ひかりさん。
    えー、その~・・・貧乏癖が・・・(汗)
    逆にこれだけ長く使っていると愛着が湧いてしまって、なかなか「買い換える」という選択肢に至らないんですよね。
    そうですね、近頃は買い換える事がエコみたいに言われていますが、買い換えて不要になった品物の大半がゴミとして捨てられている現状では、「エコ商品への買い換え」自体が果たしてエコなのか?・・・と疑問に感じます。
    2009年11月30日 13:49
  • ミック

    早速、自分も充電池交換してみました。見事に復活しました。ついでに、分解掃除も出来ました。情報アップ感謝しております。
    2017年02月05日 23:42
  • Deepsky

    >ミックさん
    お役に立てた様で良かったです。
    最近はニカド電池も入手が難しくなってきたので、このような復活修理も簡単では無くなりましたが、修理可能な物は出来るだけ修理して大切に使いたいですよね。とは言え、部品の劣化による事故も多い様なので、そう言ったリスクを考えるとどこかで決断しないといけないのも事実です。
    2017年06月07日 23:25
  • boushi

    電池の端子に直接半田付けするのは禁止されていますよ。タブ付きの充電池が売られています。
    2018年01月09日 16:57
  • Deepsky

    > boushiさん
    ご指摘ありがとうございます。ご指摘は重々承知の上です。
    加熱によりシール部の破損、液漏れ等の危険があるので、スキルのない方がハンダ付けするのは大変危険です。
    現在は組電池を作成する場合はタブ付け専用のスポット溶接機を使っています。
    2019年01月25日 10:54

この記事へのトラックバック

充電電池
Excerpt: 電池も充電する時代って言いますが。
Weblog: カキナグール
Tracked: 2010-01-01 18:23