軽井沢のイルミネーション

クリスマスまで、あと1週間となりましたね。街ではクリスマスムード一色です。
そんな中、夜の軽井沢を散策してきました。

今年も軽井沢では恒例の「ホワイトクリスマス in 軽井沢」が開催されていて、町を挙げてイルミネーションの飾り付けを行っています。飾り付けを行っているのは主に公共施設や店舗、ペンションなのですが、かなり力の入っている飾り付けをしているところも有り、街を歩くのも楽しくなります。
今年は雪が結構降ったので、名前通り”ホワイトクリスマス”になりそうです。
画像

画像は、この催しのシンボリックツリーのある矢ヶ崎公園ですが、ソニーの名誉会長である「大賀典雄氏」が軽井沢町に寄付した「大賀ホール」があるところです。
(こんな立派なホールをポケットマネーで寄付してしまうとは大物ですな~。)

池の上に橋(矢ヶ崎大橋)が架かっているのですが、欄干にトナカイとソリに乗ったサンタさんや”KARUIZAWA”の文字が飾られています。そのイルミネーションが水面に映って、なかなか綺麗です。
この池にはカモが住んでいるのですが、カメラのAF補助光に驚いたのか、「ガァ~ガァ~」と騒いでいました。カモさん、驚かせてゴメンね。

そして、これがシンボリックツリーです。
画像

モミの木らしいのですが、イルミネーションの関係か金色に見えますね。

画像

こちらはそのシンボリックツリーの周辺です。ジャングルジムをプレゼントの箱に見立てたり、丸太のトナカイが飾られています。

最近は青色LEDや白色LEDが多くなっていますが、通常の電球の柔らかい色味も良いですね。
消費電力面では不利なのですが、暖かく柔らかい光り方で寒い冬にはこちらの方が合っているような気がします。

しばらく撮影をしていたのですが、寒くて自分もカメラも悲鳴を上げはじめたので、そそくさと車に戻りました。イルミネーションは綺麗なのですが、寒さには勝てません。しかも、このところ強烈な寒波が来ているので、ものすごく寒い! 

イルミネーション見物も楽じゃないですね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック